ジャングル大帝

ジャングル大帝
© 手塚プロダクション/虫プロダクション
テレビアニメ
1965/10/06~1966/09/28 (水) 放映時間:19時00分~19時30分
全52話 / カラー

放映局: フジテレビ

作品紹介

原案・原作:手塚治虫
プロダクション:虫プロ

スタッフ


キャスト

レオ/太田淑子
ライヤ/松尾佳子
トミー/明石一
ココ/田村錦人
マンディ/勝田久
トット/加藤精三
ディック/熊倉一雄
ボウ/川久保潔
ケン一/関根信昭
マリー/山本嘉子
ヒゲオヤジ/千葉順二
パンジャ/小池朝雄
緑川稔

サブタイトル

全52話のサブタイトル一覧

第1話 「行けパンジャの子」

ジャングルの王、白獅子パンジャが死んでしまった。彼は、人間に捕らえられた妻エライザを助けようとして、身代わりとなってしまったのだ。エライザは輸送 船の中で赤ん坊を産み、レオと名づけた。エライザはパンジャの血を引くレオだけは救おうと、嵐の中で沈み行く船からレオを逃がす。 

第2話 「砂漠の風」

流れ着いた白い赤ん坊ライオンがパンジャの子だと知ったオランウータンのマンディやオウムのココたちは大歓迎するが、レオは死の商人の一行にさらわれてしまう。詩人ブリバルに救われた彼は、ジャングルに戻り、悪党と闘うのだった。 

第3話 「動物学校」

飛行機事故で遭難したケン一とマリーはレオたちの住むジャングルに迷い込んだ。ケン一が笛の音で動物の怪我を治す姿に感動したレオは、その知恵を吸収するべく動物学校を開設する。 

第4話 「猛牛サムソン」

パンジャの旧友サムソンは人間に飼われている動物を差別視していた。彼はレオにラバを差し出し、家畜は裏切り者、みんなで食べるのがジャングルの掟だと説く。しかしそんなひどいことは認めないとレオは首を振るのだが・・・。 

第5話 「まぶたの大陸」

祖父ルーペをパンジャに殺されたと思い込んでいる豹の子ルガーがレオに襲いかかった。しかしレオは、パリの下水道でルーペと会っていた。そしてルーペとの間に、ある約束を交していた・・・。 

第6話 「飢えたサバンナ」

日照りが続き貴重な食料である草も何者かに食べられてしまった。空腹で殺気立つ仲間たちを見て、動物も人間のように畑を作れば、天候に左右されないで生きられると説く。 

第7話 「ドンガの決斗」

黒豹トットはレオのもとに結束を強めて行くジャングルに反感を持っていた。彼は悪知恵で、ジャングルの間に互いへの不信感をひろげる。この事態を収集しようとするレオは、しかしだまされて硫黄谷に突き落とされる。 

第8話 「気ちがい雲」

レオの発案で肉食をやめ、草食として生き始めた肉食獣たちは、たんぱく質不足でフラフラになってしまった。そんな彼らの抗議を受けて、困り果てるレオ。しかしバッタをはじめとする昆虫が肉の代用品となるかもしれないと考える。 

第9話 「翼ある王者」

科学者ビーストは虎に大鷲の神経を移植し、翼のある虎ウィンガーを創造した。ウィンガーはロミの母親を誘拐してしまう。取り返そうとするレオも博士に頼んで背中に翼をつけてもらおうとするのだが・・・。 

第10話 「ふたつの心」

レオたちのジャングルにやってきた映画の撮影隊は映画のためなら何をしてもいいのだと慢心していた。彼らはジャングルに火をつけ、ライヤを捕えて火事の中で焼き殺そうとする。レオはライヤを救うため走り出した。 

第11話 「コンガ狩猟区(前篇)」

獰猛な動物を撃つからこそ狩猟は面白いのだ。そう考え、捕えた動物を狂暴にする訓練を繰り返すコンガ狩猟区の守備隊長の愚挙を止めるため、レオが戦いを挑 んだ。しかしコンガの飼うライオンのキムにおびきだされ、罠に落ちてしまう。絶体絶命のレオは伝説の幻の山から現れた巨大なマンモスによって救われた。こ の"おふくろさん"と呼ばれるマンモスはいったい何者なのか--。 

第12話 「コンガ狩猟区(後篇)」

動物達の脱走に怒ったコンガは、悪知恵の働くメスライオンのキムを使ってレオを罠にはめる。部隊を引き連れ、ジャングルに向かうコンガ。レオの身を案じて駆けつけたケンイチはコンガを見て“マリー!”と叫ぶが…。 

第13話 「密林の大合唱」

ケン一が生まれた国を恋しがり、ふさぎこんでしまった。そんな彼を励ますため、レオたちはコーラスの練習を始めた。だがそこにハンターのハムエッグたちが現われ、動物たちを連れ去ってしまう。 

第14話 「アンドロクレス物語」

自分は人とは違う。どうして自分だけ他のライオンと違うのだろう・・・レオはその白い体のせいで、できそこない扱いされ、落ち込んでしまう。そんなレオを慰めるため、ケン一はエジプトの神と呼ばれた白獅子アンドロクレスの物語を話して聞かせるのだった。 

第15話 「卵・卵・卵」

ジャングル学校の大掃除で、ターチーがゴミと間違えて卵を川に流してしまい、母鳥たちは大騒ぎになる。子供たちは川を下り、やっとのことで卵を回収。母鳥 たちはそれぞれ自分の卵を引き取ってるのだが、最後に一つだけ残ってしまう。引き取り手のないその卵は仕方なくレオが預かることになるのだが…。 

第16話 「燃える河」

ワニのガブガが陸の動物たちに襲いかかった。子ワニのピッチィが誤ってガソリンを飲んだのを見て、ピッチィと遊んでいた陸の動物たちが毒を飲ませたのだと勘違いしたらしい。レオはガブガに捕らえられた動物たちの救出に向かうのだが・・・。 

第17話 「不気味な青蛇」

ジャングルに青蛇ヌーラがやってくる。ヌーラは催眠術で鳥たちの警戒を解き、その上で彼らを食べようとする。助けに来たレオは催眠術で操られた鳥たちに逆に襲われてしまう--。 

第18話 「ベラと勲章」

自分の容姿に激しいコンプレックスを持っているイボイノシシのベラは、大好きなルカの母親にまで醜い容姿を笑われてしまう。自暴自棄にになったベラは、ジャングルの平和を乱す乱暴者のヒヒをひとりで退治に出かけてしまう。 

第19話 「開かずの小屋」

レオは偶然、迷い込んだジャングルの見捨てられた村で、姉リョーナにめぐり合った。そしてレオはその村が、かつてパンジャが守り神として暮らしていたところだと知る。 

第20話 「レストラン騒動」

さまざまな食性の動物が入り交じるジャングルで、互いが殺し合いをしなくてすむように、物々交換によるレストランが開店された。 

第21話 「帰って来たサンディ」

十年前ボス争いでマンディに負けたサンディは恨みを晴らすべく手下を引き連れてジャングルにやって来た。サンディはマンディを引き渡さなければジャングルに硫黄ガスを流すと脅迫してくる。 

第22話 「パーシィとっつあん」

伝染病が村を襲い、レオと老バーバリシープのパーシィが、治療薬を求めて岩山ロックへと向かう・そこは夜になるとトビトカゲが出没する危険な場所だ。 

第23話 「大怪虫」

ヒビ割れた地下からバッタの大群があふれ出てくる。いきなり食料の過剰供給状態となってしまい、肉食獣たちはでっぷりと太ってしまう。そこへ放射能で巨大 化したバッタが出没。しかし肉食獣たちは太り過ぎで動けない。レオはたったひとりで巨大バッタと戦わなければならなくなる。 

第24話 「森のマミー」

ブブとトットはミミズクの老婆に毒薬を調合させ、出来あがった毒をレオに与えた。レオを毒殺したと喜ぶブブとトットだったが、実は薬は痺れ薬だった。レオが死んでいないと知って、二匹は老婆に今度こそ本物の毒薬を作らせようとする。 

第25話 「子象ジャンボ」

レオはコンガたちによって何千頭もの象が殺されたのを知り、象のボス、ダ-バーに報告する。だがダーバーはそんな話を信じない。レオの警告を無視した象たちは、そして戦車隊による象の大虐殺にさらされることになる。 

第26話 「平和の肉」

草食獣と仲良くすることが気に入らないオバは、子供達に肉を食べさせ、肉の味を覚えさせてしまう。その味に夢中になった子供達は肉食獣の本能に目覚め、草食獣を襲おうとする。 
全52話のサブタイトル一覧

視聴率

平均視聴率:

21.5%

関連作品


前・裏・後番組

前番組


なし
 

裏番組


なし
 

後番組

ジャングル大帝 進めレオ!


画面上へ
© 2017 animemorial.net, all rights reserved. All characters, trademarks and brands are property of their respective owners.